中小企業診断士の平均年収と仕事内容。

中小企業診断士の平均年収と仕事内容。

中小企業診断士の平均的な年収額は600万円〜1000万円程度と言われている。

 

この400万円ほどの開きは、独立して事務所を構えているか、企業に雇われているのか、で変わってきているようだ。
現在、独立して自らの事務所を構えている中小企業診断士は少数派のようで、その理由は「雇われている方が給料が良いから」ということのようで、独立系の中小企業診断士の平均的な年収が600万程度で、雇用型の中小企業診断士の平均的な年収が1000万円ということのようだ。
中小企業診断士という国家資格はまだまだ一般的にしっかり認知されている資格とは言えず、独立して個人で顧客を獲得していくにはまだまだ啓発や予知が足りていないのが現状で、そのようなことが年収の差に影響を与えているのだろう。
しかし、今後しっかりと中小企業診断士という仕事が世間に認知され、一般の人々から必要とされるようになって来ればこの年収の差は逆転する可能性は十分ある。

 

 

中小企業診断士の主な仕事内容。

 

中小企業診断士の仕事内容は多岐にわたる。
主な仕事は顧客企業の経営改善や新規起業計画の作成などになるが、その内容は「資金調達・経営計画・後継者の育成・社員研修・販路開拓」など経営に関することなら何でもといった感じだ。
雇用されて仕事をしているような中小企業診断士であれば、その雇用先の会社の問題点をしっかりと改善していくということに仕事は絞られれていくだろうが、独立して自らの事務賞を構えている中小企業診断士の仕事内容は、自ら専門分野を確立しその分野で営業して顧客を開拓していくこととなる。
実際に事務所経営をしている中小企業診断士の先生によれば、事務所の売り上げの多くは顧客企業からの講演依頼による講演料が多くを占め、その他の収益は顧問料などの収入だということだ。

 

 

中小企業診断士カテゴリーページに戻る

 

国家資格法律系ガイド トップページ

スポンサードリンク

 

中小企業診断士の平均年収と仕事内容。関連ページ

中小企業診断士を取ってコンサルになれるか?
数ある法律系資格の特徴や難易度、資格を取得して実際に働いている人の生の声や年収をできうる限り公開。
中小企業診断士は転・就職に有利なのか?
数ある法律系資格の特徴や難易度、資格を取得して実際に働いている人の生の声や年収をできうる限り公開。
中小企業診断士国家試験の概要。
数ある法律系資格の特徴や難易度、資格を取得して実際に働いている人の生の声や年収をできうる限り公開。
中小企業診断士の独占業務!強みは何か?
数ある法律系資格の特徴や難易度、資格を取得して実際に働いている人の生の声や年収をできうる限り公開。