自分に合った勉強法を考える

自分に合った勉強法を考える

法律資格ガイド|見出し勉強法

皆さんが法律資格の取得を考えた場合、3つの勉強法を多くの人が考えその中から自分の現状やスタイルに合った方法を選ぶことになると思いますが、その特徴を簡単に以下に示します。

 

 

独学合格は可能だが厳しい。

 

 

もっと安価で始めやすい方法だ。しかし、

 

  • 「解らないことがあっても誰にも相談できない」
  • 「持続して勉強を続けるのはかなりの忍耐力が必要」
  • 「スクールなどの受講に比べて、合格まで多くの時間がかかる」

というデメリットがある。

 

又、合格を勝ち取ることができるか確率も、
他の勉強方法に比べて一気に下がるのが特徴的な勉強法である。

 

行政書士試験の都道府県別の合格率などを見るとこの傾向は明白で、
東京や大阪といった資格取得支援スクールなどが充実している都市部では
例年10%中盤程度の合格率となっているが、
地方都市などでは平均合格率を大きく下回るのが通例となってしまっている。

 

 

 

通信教育は働きながら勉強する人の最良の一手

 

 

通学よりは安価に始めることができる。
行政書士・社労士・司法書士等の法律資格の場合、
通信教育を利用して合格を勝ち取った人はかなり多い。

 

社会人として働きながら法律資格取得を考えた場合、
自分の都合に合わせて勉強ができるこのスタイルは、
最も支持を集めている勉強法だ。

 

最近ではWEB通信教育などもあるので、
働きながら資格取得を考えている方にとっては最良の一手だろう。

 

有名どこではヒューマンアカデミーなどがある。
資格取得・就転職を目指す方のための総合専門校「ヒューマンアカデミー」

 

通学は最短合格の王道

 

 

費用面では大きな出費となってしまうが、
もっとも合格を勝ち取りやすい方法であることは間違いない。

 

解らないところが有ってもすぐその場で聞けるということは、想像以上に有益なことである。

 

法律系国家資格取得を専門とするスクールには、
各校それぞれ現役の専門家が講師として教鞭をとっていることが通例で、
授業の合間に生の現場の話などを聞けるのも、スクール通学生の特権ともいえる。

 

時間とお金に余裕がある場合はお勧めである。

 

 

 

自分に合っている道をしっかり選ぶ。

 

 

勉強の仕方やライフスタイルは人それぞれである。
たとえ、他人が合格できた方法であってもあなたにはその方法が一番いいとは限らないだろう。

 

塾や通信教育などのサイトには合格者や受講者の声が掲載されているところがある

 

現実に受講している人や、受講した人の実際の声を見てみてより多くの情報収集をしてみることをお勧めする。

 

人生を左右するような決断になるのかもしれないのだ、
資料請求などをしてしっかりとした下準備をすることが重要だ。

 

 

 

法律資格ガイド 法律国家資格の仕事を現役実務家が語るトップページに戻る


スポンサードリンク